明石市,整形外科,足底腱膜炎,リハビリ,消化器内科,外科,MRI,再生医療,体外衝撃波疼痛治療

アクセス

中山クリニック電話078-935-6060電話受付8:30〜19:00

Home » 診療・入院について » リウマチ科

リウマチ科

悩まずにご相談ください。

年齢とともに骨や軟骨、関節は変化をしていきます。変形性関節症や変形性脊椎症は年齢とともに起こる変化です。しかし、これらの変化に混じって関節リウマチが隠れていることがあります。
まだ多くの方がそれに気づかずに、年齢のせいだと思って詳しい検査をせず、我慢をして病状が進行してから来院されるケースが多くあります。関節リウマチは早期診断・早期治療が最も重要です。最近は関節リウマチの治療が生物製剤などが導入されて格段に進歩しています。気になる症状がある場合は、お気軽にご相談ください。

疾患について

リウマチは、リウマチという1つの病気ではなく、関節や骨、筋肉、じん帯、腱などが痛む病気のことを「リウマチ」と呼びます。そのため、リウマチの種類は 200種類以上あるといわれています。また、リウマチの種類によって作用機構がそれぞれ異なっています。リウマチの代表的なものでは関節リウマチがありますが、その他にも例えば痛風、リウマチ熱、膠原病なども有名です。

診療と治療

関節リウマチはあちこちの関節の痛み、関節以外の症状があります。十分な問診、診察に加え、レントゲンや血液検査を行って診断し、内服、注射、リウマチ体操を含むリハビリテーションで治療していきます。最近は生物製剤を用いることによって骨破壊の進行が予防されます。痛風、その他の膠原病に対しても専門治療およびリウマチリハビリテーションを行います。

よくあるご質問

関節リウマチとは?

関節リウマチの頻度は世界的に見て人口の0.5%〜1.0%(平均0.8%)といわれ、日本ではおよそ60万人の患者さんがいると報告されています。性別では男性に比べて明らかに女性に多く認められています(男性の3〜4倍)。発病年齢は、大半が20歳〜60歳代で、30〜50歳代での発症が多くなっています。

関節リウマチの病因は?

残念ながら、”関節リウマチの原因はこれだ!!”と断定できるはっきりとした原因は今のところわかっていませんが、これまでの研究から、遺伝的な因子が30%くらい、その他の環境因子が70%くらい関係しているのではないかと考えられています。遺伝因子として最も知られているのはヒトの主要組織適合性抗原であるヒト白血球抗原(HLA)であり、関節リウマチ患者のHLAを見てみると、ある限られた HLA(DR4、DR1)であることが多い。また、環境因子としては何らかの病原体の感染が考えられており、ウイルス(Epstein-Barrウイルス、レトロウイスル、パルボウイルスB19等)や大腸菌などの関与が示唆されている。このように原因は依然不明であるが、炎症を起こしている現場(滑膜) で何が起きているかということは徐々に解明されてきており、病気に関係している因子(サイトカイン)や細胞(リンパ球)をターゲットにした特異的な治療法が開発されるようになってきている。